BASSONICで聴く映画 第9回(LION/ライオン~25年目のただいま~)

BASSONICで聴く映画 第9回目は、「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」です。

グーグルアースで自身の出身地を探し出した人がいるというニュースが、だいぶ前に流れましたが、それを映画化したものです。
そもそもどういう事かと言うと、主人公のサルーは、インドで母と兄と妹の4人で暮らしていたのですが、生活は貧しく、兄とサルーは盗んだ石炭や拾った物を売って食費の足しにしていました。
ある夜、母が働きに出かけた後、兄と二人でまた拾い物を集めに出掛けたのですが、サルーは眠くなり、ベンチで寝てしまいます。兄の方は、もっと仕事を続けようと、サルーを置いて行ってしまいます。
サルーは夜中に目が覚めると、兄がいない事に気付いて探しに行くのですが、止まっている列車の中で、また眠ってしまいます。
その列車は回送車で、サルーが起きた時には列車は既に走っていて、列車が止まった時には故郷から1600kmも離れた街カルカッタでした。
サルーは当時5,6歳で、出身地の村の名前も正確には覚えておらず、地図をいくら探してもサルーの言う村は無いため、オーストラリアで里親をしてくれる夫婦に引き取られ…というお話です。
実話と言う事もあり、脚色などは極力抑えているので淡々とお話は進みますが、子供の頃のサルー役の子が凄く健気で可愛い事もあり、中弛みする様な事もなく、ハラハラしながら見守るうちに前半が終了し、25年後の後半へと続きます。

 

さて、普通の映画レビューサイトのような事ばかり書いてしまいましたが、今作のような感動作の場合、音響的に気になる点は次の2点になります。
  • 抒情的なBGM
    冒頭の曲「Lion Theme」では、豊かなピアノの音が気持ちを盛り上げてくれて、サルーの故郷への思いが表現されていたと思います。また、大人になり母との再会でかかる「Mother」は、ピアノとチェロ(もしくはビオラ)の音が印象的で、再会を喜ぶシーンを更に盛り上げてくれました。
  • セリフの中の感情の機微の表現
    例えば、大人になったサルーが、育ての母(スー)に故郷を探していることを告げられずにいる時に、スーが引き取ったことは必然だったということを話すシーンがあるのですが、発音がかなりソフトなシーンでも全部音がつながったりせずちゃんと聞こえるというのは、なかなかすごいことだと思います。
海外での評価も高く、脚色が少ない分素直に感動できる作品だと思いますのでおすすめです。
それでは良い音をお楽しみください。